スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔仙翁(すいせんのう)☆

今日は梅雨寒でしたね。
先日の暑い日に、羽毛布団をしまったら連日の寒さ。
でも折角仕舞ったのだから…
夏用の布団に毛布を掛けて、寒さをしのいでいます
こんな梅雨の日は、花の話題を・・・

1.酔仙翁

この花の名前は、「酔仙翁(すいせんのう)」だそうです。
随分前に頂いたのですが、確か「一人娘」と言ってたように思うのですが・・・
違っていました。
別名「フランネル草」
白い綿毛からフランネルといわれるようです。
葉がわたげのようにふわふわしています。
ヨーロッパ南部原産だそうです。
ナデシコ科。
確かに花の形が「ナデシコ」です。

これもあまり可愛がっていなかったのですが、調べてみたら親しみがわいてきました。
大事にしようと思った次第です。

1.松葉ボタン

余り大事にされなかった花のひとつ「松葉ボタン」です。
頂いた時には、一面に咲いて華やかだったのですが、いまはこれだけ。
何故か衰退の一途をたどっています。
今年は、植え替えてみようと思います。

1.ブーゲンブリア

今年は何とか花を付けてくれた「ブーゲンビリア」。
夏に元気よく枝をのばしてくれるので、冬取り込むときに剪定をするのですが・・・
それがいつも失敗。花芽をつんでしまうようです。

なんせ、ど素人
難しいですね。

ほっておいても咲いてくれるのが

1.さつき

「さつき」達。
「つつじ」は大きくなるので毎年切って、失敗したり成功したり。
でも「さつき」は、手入れをしないので、何とか咲いてくれます。

友人が、「何時も綺麗に花を咲かせているね」といってくれますが・・・
実は、何も手を掛けないのがコツ(?)なんです。
「あまり可愛がりすぎるとだめ!」という持論のもとに管理してます(笑)



↓ランキング参加中です。ポチっと押して下さるとうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

本当に寒かったですね。衣替えが1日にあったんですがみんな上着を羽織って登園していました。

花は手をかけないのがコツですか!
それなら私でもできそうですi-235

charaさんへ

寒い衣替えでしたね。

そして、今日は暑い!!
体調に気を付けてね。

手をかけないで、目を掛けるといいようですよ。
見てあげていないと、機嫌を損ねます・・・花も。
不思議ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。