スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠のゼロ」を読んで。



先日弟が持ってきてくれた「百田尚樹」の本の一冊。
長編なので手に付けずほおっておいたのですが、「影法師」が面白かったので読んでみることに。

おりしも終戦記念日が近づいてきた今日この頃、テレビも新聞も太平洋戦争に関した話題や映画が多くなっています。
戦争を知らない私たちには、何を持ってもわからないことばかりですが、日本人の生き方、その頃の世相、どんな時代かを少しは分かるように思います。
高校の歴史の先生が、「新聞が全部正しいと思ってはいけない。そこには個人の考えや社会の思惑が書かれるので、何が正しいか自分で見極めて読まないといけない。」と教えてくれました。
それと同じようなことが書かれていたので共感を覚えました。

そして最後のアッと思うどんでん返し。
なるほど、ここが面白い!と。

この最後にこの本の面白さが凝縮されていると思いました。

この平和な日本に生まれて本当によかったと思います。
ただ残念なのは、いま世界各国であのような戦争に巻き込まれている人々がたくさんいることです。
ニュースを見るたびに、どうにかならないのかしらと思います。







↓今日も読んで下さってありがとうございます。暑い毎日、体調に気を付けて下さいね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
スポンサーサイト

晴耕雨読・・・・

晴耕雨読というけれど、私の場合「晴耕」とはいえないけれど・・・・・。
久しぶりに読書をしました。
先日面白いよと弟が持ってきてくれたこの本。

影法師
一気に読んでしまいました。
話の内容はネタバレになるのでふせますが、今更ながら江戸時代の身分制度に驚かせられました。
韓ドラの時代劇では、身分制度が厳しいと思ってみていたのですが、日本もそうだったのですね。

それと、ほぼ一年にあたる三百六十日分の米がとれる土地を一反としたこと、人が一日に食べる米がとれる土地の大きさを一坪と定めたこと…など坪とか反などは米作りからできた尺度ということが分かったのです。
なるほどね。

今は、あまり米を食べなくなってきているようですから、この尺度では測れませんがね。
今は食べるものがたくさんあります。
ありがたいですね。





↓今日も読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。